予防策

トイレのつまりを防ぐ為に、日常で気を付ける事、出来る事があります。ここでは、トイレのつまりの予防策について、ご説明します。

まず、水の流し方に気を付ける事です。水のレバーには大と小があり、大便と小便によって使い分けます。節水の為に、全て小で対応する人がいますが、これがつまりの原因になる事もあります。タンクの水は大を流すのに必要な水量が計算されています。小では便を流し切るのに必要な水量が足りません。同様に、節水の為にタンク内にペットボトルを入れている人もいますが、水量が足りない事で流し切れずにつまりを引き起こす可能性があります。次に、食べ物や吐瀉物を流さない事です。これらには油分が含まれている可能性があり、油分が排水管や便器内に付着して水の流れを悪くし、つまりを引き起こしてしまいます。また、胃酸によって浄化槽内のバクテリアが死滅して浄化機能が低下してしまう恐れがあります。もしトイレで嘔吐した場合は、いつもより念入りに水を複数回流し、油分が残らないように注意しましょう。

つまりの原因になりやすい異物や、トイレットペーパーなどの流しすぎ、食べ物や吐瀉物を流す事は極力避け、正しい水量で流すように心掛けましょう。

対処法

トイレがつまった場合、自分で対処する方法と、業者に依頼する場合があります。ここでは、トイレがつまった場合の対処法について、ご説明します。

まず、ラバーカップを使用する事です。使用の際は、大きめのビニールシートの真ん中に穴を開け、その穴にラバーカップの柄を通します。柄を通したままビニールシートで便器を覆い、ラバーカップと排水溝に隙間が出来ないようにゆっくりと排水溝にラバーカップを押し当て、その後勢い良く引き抜きます。水が排水溝に引き込まれるまで何度か繰り返し、つまりがとれた感覚があったら終わりにします。その後、バケツで水を便器に勢いよく流し込みます。つまりが取れていなかった場合、便器内の水が溢れてしまうので、バケツで流す量は少なめにしましょう。スムーズに排水されていればつまりは解消されていますが、水の流れが悪い場合はつまりは解消されていません。その場合は、専門業者に連絡しましょう。その他にも、ワイヤーブラシを配管の奥に入れてつまりを解消させる方法や、便器を取り外して内部を掃除する方法などもあります。

このように、トイレがつまった際に自分で出来る対処法はいくつかあります。上記の方法で解消しない場合は、無理せず業者に依頼して下さい。

つまりが起こる前兆

日常生活を送る上で、最も使用頻度が高いのがトレイです。その為、つまりや水漏れなどと言ったトイレのトラブルなども多く、トラブルの際は迅速に対処しなければなりません。ここでは、トイレのつまりが起こる前兆について、ご説明します。

固形の異物を落とした以外であれば、トイレのつまりは段階的に進行していきます。まず、水が流れにくく、水の水位が普段よりも高い場合、排水管がつまっている可能性があります。その場合はラバーカップを使用し、流れをスムーズに出来るか試してみます。無理な場合は、二次トラブルを防ぐ為にも速やかに専門業者に依頼す事をお勧めします。次に、水流が足りない事です。水圧が足りず、排水管や便器内につまりを起こしてしまう可能性があります。フロート弁が機能せず問題が起こっている場合も考えられるので、専門業者に見てもらいましょう。また、水を流した際、異音がする事です。排水管に問題がある場合と、既に異物がつまっている事が考えられます。排水管に問題がある場合は、放置してしまうと他の箇所にも悪影響を及ぼしてしまいます。ですから、ほとんどのケースでは専門業者に依頼する必要があります。

日頃と違うと感じた場合、また、前兆を知っておく事で迅速に対応する事が出来、深刻なトラブルになる事を回避できます。

トイレのつまりの原因

日常生活を送る上でトイレのつまりは、緊急性、必要性が非常に高い困りごとであります。ここでは、トイレがつまる原因について、ご説明します。

トイレのつまる原因としてまず挙げられるのが、トイレットペーパーの流しすぎです。大量に使用してしまう可能性がある場合は、一度に全部流すのではなく、複数回に分けて流すように心掛けましょう。また、トイレットペーパーを切らしてしまった場合、代わりにティッシュペーパーを流しつまらせてしまう事があります。ティッシュペーパーはトイレットペーパーと違い水溶性でない為、水に溶けません。その他にオムツや生理用品、トイレクリーナーなども同様に水に溶けず、その上流れにくいのでつまってしまう恐れがあります。少量でも流さないように気を付けなければいけません。子どもがいる家庭では、子供のいたずらでおもちゃなどの異物を流し、つまらせてしまう事があります。また、ポケットに携帯電話や物を入れっぱなしにてトイレに入り、落ちた事に気付かずにそのまま流してしまう事もあります。トイレに入る前にポケットの中身を確認し、事前に取り出しておきましょう。異物を落とした事に気づいた場合は、たとえ不要なものでも速やかに取り出し、決して流さないようにして下さい。

トイレのつまりは生活する上で、とても困るトラブルです。自分で対処する方法もありますが、対処しきれない場合、無理につまりを解消しようとすると逆に悪化させてしまう恐れがあります。その場合は決して無理はせず、業者に依頼するようにしましょう。