予防策

トイレのつまりを防ぐ為に、日常で気を付ける事、出来る事があります。ここでは、トイレのつまりの予防策について、ご説明します。

まず、水の流し方に気を付ける事です。水のレバーには大と小があり、大便と小便によって使い分けます。節水の為に、全て小で対応する人がいますが、これがつまりの原因になる事もあります。タンクの水は大を流すのに必要な水量が計算されています。小では便を流し切るのに必要な水量が足りません。同様に、節水の為にタンク内にペットボトルを入れている人もいますが、水量が足りない事で流し切れずにつまりを引き起こす可能性があります。次に、食べ物や吐瀉物を流さない事です。これらには油分が含まれている可能性があり、油分が排水管や便器内に付着して水の流れを悪くし、つまりを引き起こしてしまいます。また、胃酸によって浄化槽内のバクテリアが死滅して浄化機能が低下してしまう恐れがあります。もしトイレで嘔吐した場合は、いつもより念入りに水を複数回流し、油分が残らないように注意しましょう。

つまりの原因になりやすい異物や、トイレットペーパーなどの流しすぎ、食べ物や吐瀉物を流す事は極力避け、正しい水量で流すように心掛けましょう。